メダカ

昨日、うちのメダカが15匹ほど、施術に来てくれた人にもらわれていきました。毎年、2、3度、巣立っていきますが今年は昨日が初めて。 

 6年程前に名古屋の友達からもらった白いメダカが増えて、今では5鉢に。3年前に光沢のある黒いメダカと交換してほしいと請われて白やオレンジのメダカと交配しましたが、世代が変わって黒っぽいのはいなくなりました。昨日もらわれていったのは白いのとオレンジのと肌色の。昨年生まれと2年前に生まれた子と。メダカ、ほしい方はおゆずりします。施術に来られていない方にも喜んで。

怒鳴る

今年のお盆はどうだったでしょうか。うちは、毎年お盆に会っていた神戸と神奈川の親戚はコロナのために帰省をやめたので、静かなお盆でした。

そんな中、お墓の掃除に行ったときに42年ぶりに会った人がいました。かつてボーイスカウトをしていた小学生のときにお世話になったKさん(団員のお母さん)。ぼくが安城3団のモモンガ班の班長をしていたとき、「夜間ハイク」というのがありました。午前4時に起きて、班ごとに集まって指示された場所まで歩く、という企画。そのとき保護者として同行してくれたのがKさん。

1時間以上歩いたころか、まだ暗く、細い川の橋を渡っていたとき、後ろにいた小4のTくんがもう歩けないと言い出した。その前から弱音をはいていたけど、もうちょっとだからと励ましてきたけど、とうとう橋の上で足を止めたTくん。低い欄干にしがみついて「これ以上歩くなら、ここから飛び降りて死ぬ」と。困ったぼく。そのとき、後ろでついてきていたKさんが怒鳴った。

「死にたきゃ死ねー!」

そしたら、彼は歩き出した。怒鳴ることはいいことだとは思っていないけど、そのときは助けられた。

怒鳴るといえば、これまで2回、自分が怒鳴られたことあった。

1回目は、ラーメン屋さんでアルバイトをしていたとき、大きな北京鍋でチャーハンを作っていて、まだ慣れていなくて、おどおどしながら長いお玉でかき混ぜていたら、店長が鍋を振れと。ぼくが北京鍋を前後に動かして揺すっていたら、大声で怒鳴られた。

「こぼしてもいいから振れ!」

ぼくは、怒りがこみ上げてきて、やけっぱちで前後に振った。そしたら、チャーハンが上下ひっくりかえった。それからできるようになった。ラーメン屋をやめてから鍋が振りたくて北京鍋を買った。ターンしたいから炒め物にすることもある。

怒鳴られた2回目は別なアルバイトをしていたとき。監督されていた上司に通常の業務とは違うことをされられたとき、「生きたカニをしばれ」とい言われた。漁師さんからもらったカニを、知り合いの店に送るから、と。簡単な作業なら心よくできるだろうけど、動いてるカニを縛るなんて、、、。できない、とか、ぼくらのすることじゃない、みたいなことを言っていたら怒鳴られた。

「やれって言ってんだよ!このやろう」

これまた、怒りがこみ上げてきて、やけくそでやりました。これは怒鳴られて良かった、という経験ではありません。怒鳴られて、やらされただけのときは不満しかのこらなかった。

でも、怒鳴られて、自分を超えた、ということもあった。